その日着ていたファッションやら、ランチで食べたものやら、ぼ~っと感じたことやら、もろもろつれづれ綴っています。

2007年12月22日土曜日

NKH大河ドラマ「風林火山」最終回

071222いまさらですがNHK大河ドラマ「風林火山」の最終話を見ました。
なんたって先週はサッカーを見ていたもので・・・(汗)
とはいえほとんど間の回も見てないんだよねー。
まぁ最終回ぐらいは見よっかなーてな感じでしょうか。

山本勘助が死んでしまって終わりなんですね。
というか、しばらく見ていない間にずいぶんお年寄りになられてびっくり!!
それもいつの間に頭まるまっちゃってたんですか?

何かで山本勘助は上杉謙信に討たれて死ぬと読んだんですね。
で、GACKTと斬りあう場面が出てくるかと楽しみにしていたら、あらあらあら。
目で追うばかりで絡むシーンがありませんでした。

というか、宇佐美と勘助の間を馬で走り抜けてく謙信って・・・?

なんだか軍神とかカリスマがとかと形容される謙信にしては、とても間抜けなシーンではないですか?
そうじゃないのかもしれないけど、テレビの前で見ていたわたしには盲滅法(ごめんなさい差別用語ですがほかに合う言葉が浮かびません)走り回っていたとしか見えなかったんだよね。
実はこれは「縦横無尽」だったらごめんなさい。

ところで最後に平蔵はどうなったんでしょう?
刀とか盗ってたばーさんが助けたんでしょうか??
あの後に勘助の回想シーンが来たということは、そうでもないんでしょうか???

ラベル:

0 Comments:

Add a comment

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成