その日着ていたファッションやら、ランチで食べたものやら、ぼ~っと感じたことやら、もろもろつれづれ綴っています。

2007年9月17日月曜日

言葉なんかおぼえるんじゃなかった

新聞のとあるコラムにあった「言葉なんかおぼえるんじゃなかった」の一文。
すごくすっごく頭に残りませんか?

そこに書いてあったのはこの一節。

言葉なんかおぼえるんじゃなかった
言葉のない世界
意味が意味にならない世界に生きてたら
どんなによかったか

なんだか強烈な言葉じゃないですか?
これを書いたのは詩人の田村隆一氏(故人)。

今まで詩で印象に残っているのは、
   上田敏の「山のあなたの空遠く・・・」、
   高村光太郎の「智恵子は東京に空がないといふ・・・」、
そして誰だかわからないけど
   「なのはな なのはな いちめんのなのはな・・・」という詩。
どれも中高のときに出会った詩というのが、なんともって感じですが。

詩集を手に取ることってそんなにないけど、ちょっと読んでみたいなぁと思う一節に出会いました。

ラベル:

0 Comments:

Add a comment

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成