その日着ていたファッションやら、ランチで食べたものやら、ぼ~っと感じたことやら、もろもろつれづれ綴っています。

2007年1月7日日曜日

「病む子の祭」

学生の頃に買った新見南吉の本が出てきて、久しぶりに読んだんですね。
その中の一編に「病む子の祭」があるんですが、無性に涙の出てくるお話です。

正月早々殺人だとかなんだとか、ニュースをにぎわせているじゃないですか。
なんか悲しくなりますね。

病む子の祭(青空文庫)

ラベル:

0 Comments:

Add a comment

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成