その日着ていたファッションやら、ランチで食べたものやら、ぼ~っと感じたことやら、もろもろつれづれ綴っています。

2006年7月22日土曜日

車の点検と水まんじゅう

060723車の点検に行ってきたら水まんじゅうが出てきました!!
朝11時から頼んでおいたんですが、この日最初におなかの中に入れる固形物(汗)
とってもおいしかったです。
いつも行くと飲み物をサービスしてくれるんだよね。
飲み物はいつも定番のコーヒー。
水まんじゅうが出てくるのがわかっていたら、お茶でも良かったかも^^;

水まんじゅう
実は羊羹が食べれないわたし。
水羊羹じゃなくてよかった・・・と内心ほっとしながらいただきました。
だって羊羹を食べると、なぜか口の中がかゆくなってくるんだもの。
きっと、パイナップルを食べると口がかゆくなるのと同じ現象に違いないと勝手に思っていますが、そんなことありませんか??

点検はといえば前回の点検時にも言われていたバッテリーを交換したぐらいで、特に異常はなし。
今はそれほど長距離を走らないし、毎日乗らなくなったから、このままにしていたらバッテリーが上がっていたかもね。
ナイスタイミングな点検です(^^)

2006年7月16日日曜日

地震だー!!

揺れたよね?
がつんと部屋が揺れたよ。
震度はどのぐらいあるんだろう??

2006年7月10日月曜日

最終日と初日

060710長かったワールドカップも決定戦を終えましたね。
イタリアが12年ぶりですか?
勝利を収めました。
これがまたとろとろと眠気の虫と戦いながら見てたんですが、イタリアの同点ゴールは見てました。
&PK戦ラストキッカーのゴールシーンも見てました。
やっぱり決勝まで行くと、肉薄した戦いになっていくんですね。
再放送でまた見なければ。。。^^;

そして、今日は新しい職場に出勤する初日です。
初日といっても時間は14時から。
おかげでワールドカップを気にせず見てたんだけど、微妙な時間です。
どんなところなんだろうね。
不安な気持ちと楽しみな気持ちが半々。
今日を終えたら、まだ連絡していない人たちにこんなところだったメールを送ろうかなー。

2006年7月9日日曜日

ポルトガル4位

060709あーあーあー。。。
ポルトガル4位決まってしまいました。
応援してたのになぁ。

でもそれよりも何よりも悔しいのが、4時まで起きていてそのまま観戦してたんですね。
前半はしっかり目を開いて観てた。
後半になって、なんだか寒いなぁと布団にもぐりこんだのがお馬鹿でした。
ぬくぬくとしていたらまぶたがとろんと落ちてきて、得点シーンはことごとく夢の中。
試合後のハイライトでそれを見る羽目になるなんて(>_<)
せっかく起きてたのにぃ!!

けれどポルトガルの1点返した場面は良かったですね。
フィーゴはやっぱりすごい!
彼もジダンと同じように今回で代表は卒業してしまうんだろうな。
クラブチームは続けるのかなぁ?
フィーゴが所属しているインテルは、今イタリアを賑わせている不正疑惑には絡んでいないから降格はしないんだよね。
でも、降格をする他チームから選手がどんどん流入してきそう。
とすると、レギュラー争いが始まるのかなぁ。
まだまだ観ていたいプレーをする人ですよね。
現役続行してほしいなー。

2006年7月7日金曜日

バリ料理

060707昨日は請求書を届けがてらバリ料理をいただいてきました。

バリといえばインドネシア。
インドネシア料理といえばシンガポールの屋台で食べたサティがおいしかったなぁというかすかな記憶が・・・。

というわけでサティを注文したら、記憶の中のサティとはちょいと違うんですね。
サティというのは所謂串焼きなんですが、以前食べたのは甘辛くて病み付きになりそうな味。
昨日のは唐辛子がひじょーに効いていて、わたしには辛すぎたかなぁ。
でもバナナの葉っぱで包んで香草(多分レモングラス)と蒸し焼きにした鶏や、テンペサラダはおいしかった♪

アジア料理だったら次はベトナム料理に挑戦したいものです。
これまで食べたことのあるのは、インド、タイ、ラオス、インドネシア。
あまり聞かないけどマレーシア料理とかあるんだったら食べてみたいね。
そしてむかーし守山に住んでいたときに、マーライオンが建っている店があったんですね。
きっとそこはシンガポール料理屋。
当時は高校生だったから行けるようなご身分じゃなかったけど、そこも行ってみたいなぁ。

量が食べられないくせに変わったものは食べてみたい。
うーん。
飽くなき挑戦ですね^^;

2006年7月6日木曜日

服だけ

060706

2006年7月3日月曜日

ヒデ引退?!!

060703まずテレビのニュース速報にびっくり!
そしてニュース番組での報道にびっくり!!

完全燃焼したのでしょうか。
きっとそうなんだろうね。

電波に流れてくるクールな物言いとは全く違うホームページでの言葉に、いつもうんうんと頷いたり、感心したり。
これが彼の本当の姿なんだと思って見ていました。
サッカーが本当に好きで、真摯に取り組む姿に心打たれて、だれよりも一途にボールを追っている姿がとても印象的です。

本当に辞めてしまうんでしょうか。
「プロサッカー選手」という形ではなくなるけれど、別の形で彼の姿を見せてほしいですね。
そしていつか、日本サッカーを率いてくれると嬉しいなぁ。

わたしがサッカーを好きになったのはキャプテン翼を見てからだけど、実際にプレーするサッカーが好きになったのはJリーグが発足されてから。
運動音痴で何をやってもうまくできないけれど、見ているだけで元気が沸いてくるサッカーに出会えたのはとてもうれしい。
そのサッカーでヒデという選手を知ることができたのは、やっぱりとてもうれしい。

彼のホームページの言葉じゃないけれど、ありがとう、と心から言いたいね。

nakata.net

2006年7月2日日曜日

W杯南米チーム

アルゼンチン対ドイツ。
ブラジル対フランス。

どちらも南米チームを応援していたんですが負けてしまいました。
うーん。
惜しかったなぁ。。。

特にアルゼンチンはPKで負けてしまったのが悔しい。
それも正キーパーが負傷退場して、急遽交代になったキーパーだったからね。
不利だとは思っていたけど、そのまま的中してしまいました。
あそこでキーパーの交代がなければ、他の攻撃的選手を投入できたかもしれない。
「IF」の話は言っても仕方がないけれど、それにしてももし・・・と考えると惜しいね。
ちなみにアルゼンチンの選手で応援していたのは、COLOCCINI Fabricio(コロッチーニ)。
アテネ五輪のときにもアルゼンチン選手で出ていたんだよね。
巻き毛のブロンドが妙に印象に残って、そのときから応援中。
今はスペインリーグのデポルティボ・ラ・コルーニャに所属しているそうです。
そして言わずもがなのMESSI Lionel(メッシ)。
最後の最後にメッシがプレーする姿を見れなかったのが残念だなぁ。
どちらもまだまだこれからの世代!がんばれー!!

ブラジル戦は半分夢の中で見ていました。
だって、ポルトガルとイングランドがまさかPKまでもつれ込むとは・・・!
そちらも観ていたものだから眠い眠い。
けれど最後まで調子が戻らずに負けてしまった感がありますね。
それに対してフランスも予選では、中々調子の出てこなかった国。
先に自分を取り戻したフランスが勢いに乗って(本調子で)勝利を手にしたというところなんでしょうか。
ロナウドの得点王争いも応援していたのに、早々にいなくなるんだなぁ。
ということは、目下トップのクローゼが得点王になるんでしょうか??

次は「ドイツ対イタリア」と「ポルトガル対フランス」。
ヨーロッパ勢同士の対戦になります。
UEFA EUROを再度見れる感じになったりしてね。

2006 FIFA WORLD CUP オフィシャルサイト
UEFA オフィシャルサイト