その日着ていたファッションやら、ランチで食べたものやら、ぼ~っと感じたことやら、もろもろつれづれ綴っています。

2006年7月2日日曜日

W杯南米チーム

アルゼンチン対ドイツ。
ブラジル対フランス。

どちらも南米チームを応援していたんですが負けてしまいました。
うーん。
惜しかったなぁ。。。

特にアルゼンチンはPKで負けてしまったのが悔しい。
それも正キーパーが負傷退場して、急遽交代になったキーパーだったからね。
不利だとは思っていたけど、そのまま的中してしまいました。
あそこでキーパーの交代がなければ、他の攻撃的選手を投入できたかもしれない。
「IF」の話は言っても仕方がないけれど、それにしてももし・・・と考えると惜しいね。
ちなみにアルゼンチンの選手で応援していたのは、COLOCCINI Fabricio(コロッチーニ)。
アテネ五輪のときにもアルゼンチン選手で出ていたんだよね。
巻き毛のブロンドが妙に印象に残って、そのときから応援中。
今はスペインリーグのデポルティボ・ラ・コルーニャに所属しているそうです。
そして言わずもがなのMESSI Lionel(メッシ)。
最後の最後にメッシがプレーする姿を見れなかったのが残念だなぁ。
どちらもまだまだこれからの世代!がんばれー!!

ブラジル戦は半分夢の中で見ていました。
だって、ポルトガルとイングランドがまさかPKまでもつれ込むとは・・・!
そちらも観ていたものだから眠い眠い。
けれど最後まで調子が戻らずに負けてしまった感がありますね。
それに対してフランスも予選では、中々調子の出てこなかった国。
先に自分を取り戻したフランスが勢いに乗って(本調子で)勝利を手にしたというところなんでしょうか。
ロナウドの得点王争いも応援していたのに、早々にいなくなるんだなぁ。
ということは、目下トップのクローゼが得点王になるんでしょうか??

次は「ドイツ対イタリア」と「ポルトガル対フランス」。
ヨーロッパ勢同士の対戦になります。
UEFA EUROを再度見れる感じになったりしてね。

2006 FIFA WORLD CUP オフィシャルサイト
UEFA オフィシャルサイト

0 Comments:

Add a comment

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成