その日着ていたファッションやら、ランチで食べたものやら、ぼ~っと感じたことやら、もろもろつれづれ綴っています。

2018年5月27日日曜日

タイヤ猫

今日も昨日もその前も、タイヤ猫はタイヤの上で眠ってる(ФωФ)

ラベル:

2018年5月7日月曜日

5月4日

GW中は帰省して毎日父の見舞いに病院へ通っていました。

一日目はとにかく動く。
ひたすら動く。
ずり落ち予防の手すりを引き抜いてしまいそうなぐらい、手も動くし脚も動く。
但し、右半身は麻痺しているので左だけ。

そして5月4日。
ホワイトボードを持っていってペンを持たせてみたら、字を書いてくれました。
脳の言語分野をやられているから、回路が色々な方向に繋がってしまっているんだろうね。
「たけちす」の順番で書いたけど、おそらく「たすけて」。
涙が出てきそう。

母がいるから泣いちゃいけないと思うんだけど、同じぐらいの背格好の人を見ても涙がにじむし、こんなこと伝えられたら、何もしようがないことがお互いもどかしい。

医者はしきりに「早く見つけられたら」と言ったそうですが、母に追い討ちはかけないでほしい。
母も手術を終えて、本来ならリハビリしていなきゃならない時期。
夜眠れなくて睡眠薬を処方されているぐらいなのに、2階に上がって寝るのがつらいから1階に介護ベッドを借りて寝ているぐらいなのに、それ以上の心労をかけないでほしい。

入院していて家に父しかいなかったら、その日のうちに発見もされなかったかもしれない。
そうだとしたら、命も助からなかったかもしれない。

どちらにしても仮定の話。

現実をどのようにすすめていくかを考えるしかない。
できるだけ前向きに。
下を見ずに日々を迎えよう。

ラベル:

2018年4月25日水曜日

命は大丈夫

父の様子が少しずつわかってきました。
左の脳をやられてしまっているそうです。
左の脳は言語をつかさどるそうです。
だから、言葉が出ない。

でも母が行くと何か話そうとして話しているらしいんですね。
でも入れ歯が入っていないから何を言っているかわからない。
入れ歯を入れて様子を診てみると医師が言ってくれたそうなんですが、母と兄が見ている前では入れ歯が入ることはなかったそうです。

そして動く方の手で動かない手を一生懸命さすっているんだって。

しかし医師からの話では、もう歩くことは無理。
車いす生活になるが、車いすに自分で乗ることができるかはわからない。
家に帰ることはできないでしょうと。

それなのに今の病院へ入れてもらえるのは2週間。
それからは、施設を探すまで転院をするしかないそうです。

日本の病院って何なんだろうね。
家に帰れないって診断しながら病院を転院しなければならないっておかしくない?

だけど内臓は丈夫だから命に別状はないらしい。
これは不幸中の幸い?
施設暮らしが長くなればなるほど、母の生活も苦しくなる。
歩くのに困難な母が一人暮らしするのもとても心配です。

ぽち君が1か月に1度帰るようにしようかと言ってくれました。
それだけでも心が少しほっとしています。ぽち君のところも施設にお義父さんが入っているからね。
お互い心配だね。

ラベル:

2018年4月24日火曜日

手のひら

こんなん行ってきた

ラベル:

2018年4月23日月曜日

タイヤ猫

真夏日になったところもあるというこの日。
タイヤと一体化しているネコに出会いました。

タイヤがひんやりして気持ちいいのかな?

ラベル: